Yosemite では、iPhoneの音をMacで聞くことができます

YosemiteでiOSデバイスの画面を録画できることはよく知られています。MacとiPhoneをlighteningケーブルで接続し、MacでQuickTimeを開き、ビデオカメラとしてiPhoneを選ぶと、iPhoneのスクリーンがビデオカメラの映像として映し出されます。

あまり言及されていないのは、この機能を使うと音もMacで受け取れることです。ビデオカメラを選ぶ画面で、マイクとしてiPhoneを選ぶことができます。そうすると、iPhoneからは音が流れなくなり、代わりにMacから流れるようになります。

音をMacで聞くことができれば十分な場合は、ビデオ録画ではなく、音声の録音モードを選ぶと、Macの処理が軽くなるので便利です。

このテクニックが便利なのは、外でiPhoneとMacをもって作業している時です。ヘッドフォンをiPhoneに差し替えたり、二本のヘッドフォンを持ち歩いたりする必要がなくなります。

Screen Shot 2014-11-10 at 2.52.57 AM

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。